サヴィニー レ ボーヌ ルージュ 2006 /ニコラ ポテル

熟成した飲み頃ブルゴーニュをお手頃価格で買える喜びがここに

(1 件のレビュー)

¥3,900 (税込 ¥4,290)

在庫あり

お気に入りに入れる
お気に入りに入れる
商品カテゴリー: , ,

説明

こだわりのネゴシアン(ワイン商)

「メゾン ニコラ ポテル」は1996年設立、ファースト ヴィンテージが1997年という歴史の浅いネゴシアンでありながら、すぐに各ワイン評価誌において高評価を獲得しました。

当時のネゴシアンは「ぶどうを絞った果汁を買う」「ワインになったものを買う」ことが多い中、「全部ぶどう果実を買って自社でワインにする」ことで、ぶどう栽培者からの信頼を得て、質の高いワイン造りで新世代のスターになりました。

その後、ニコラはメゾン ニコラ ポテルを売却して、2009年にメゾンを去り、自分のネゴシアン「メゾン ロッシュ ド ベレーヌ」を興しています。

この2006年ものはニコラがワインメーカーだった時代の作です。

熟成した飲み頃サヴィニー レ ボーヌ

ブルゴーニュの中でも繊細でエレガントなスタイルが「サヴィニー レ ボーヌ」の特徴。

手摘みで収穫された葡萄を優しくプレスして、ピノノワール特有のピュアな香味成分を引き出します。

ベリー系の果実味が豊かな味わいで、繊細なタンニンと綺麗な酸味がバランスよく調和しています。

追加情報

生産地

フランス – ブルゴーニュ

1 に対するレビューサヴィニー レ ボーヌ ルージュ 2006 /ニコラ ポテル

  1. 羽鳥@Xwine.jp

    熟成して飲み頃になったブルゴーニュをお手頃価格で買える喜びがここに。

    正統派ピノノワール特有の艶やかな香りが湧き上がる。プルーン、チェリー、微かに木の皮、若いチャーミングさもまだ少し残っている。
    口当たりは穏やかで、柔らかい、しっとりした果実味。酸は控えめ。中間から後口にかけてタンニンはあるがジューシーさと共に心地良く解けていく。
    余韻は中くらいだがきちんと麗しいピノ。凄味はないが実に真っ当。パニエでサーブしながらゆっくりと開かせたい。

    2006年のブルゴーニュは2005年や2009年の影になっているけれど、きちんと造られたものは今飲んで麗しく美味しいということを教えてくれる1本。

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


こちらもいかがでしょうか …