シャトー ヴァランドロー 2008

飲み頃に入ったヴァランドローをお試しあれ。

¥24,000 +税

在庫あり

お気に入りに入れる
お気に入りに入れる

説明

シンデレラワインとなったヴァランドロー

ボルドー地方サン-テミリオンにある新しいシャトー。少量生産にたいして高評価による大幅な需要増がおこり、短期間で価格が高騰してプレミアムワインの仲間入りをしたことから「シンデレラワイン」の一つと呼ばれます。前例にシャトー ル パンがあります。

ヴァランドローがワイン界の話題となったのは、ワインアドヴォケイト誌でのロバート パーカー氏の評価がきっかけです。

1993年ヴィンテージにその年のボルドーの中で最高点を付け、「このヴィンテージの大傑作で、これほどのワインをつくることが出来ようとは信じられない」と絶賛しました。

すぐにお金持ちのワインコレクターが世界中を探しまわる希少ワインとなり、続く1994年も高評価を獲得し、さらにヴィンテージに恵まれた1995年はプリムール(先物買い)の段階からなんと5大シャトーの倍の価格で取引されました

ちょうど世界的なワインブームだったこともあり、一時は15万円でも入手困難な状態になりました。

その後、シャトー誕生からたった21年でサン-テミリオン第一特別級B(14シャトーのみ)に格付けされるという快挙を成し遂げました。伝統を重んじるボルドーにおいて、驚異的なスピードでトップワインの一角に登りつめ、極めて例外的な成功を収めたのです。

途方もなく豊かで凝縮した果実の旨味溢れる現代的なリッチスタイルで、カシスやブラックベリーを思わせる芳醇な果実味と、滑らかで力強いタンニンで構築された素晴らしい味わいです。

2008年は飲み頃に入りました

ワインアドヴォケイト誌のテイスティングコメントは以下の通り。

”シャトー ヴァランドローにて垂直ブラインドテイスティング。2008年は80%メルローと20%カベルネフランのブレンド、新樽で24ヶ月熟成。非常に素晴らしい(2008年のシャトー トロタノワと双璧)。(中略)しなやかなタンニン、美しく純粋なブラックチェリー、ラズベリー、微かなオレンジソルベのニュアンス。継ぎ目のない質感と、上品で滑らかなシルクのような余韻。今(試飲時2016年末)からでも美しく飲めるが明らかに今後20年は熟成できる。このヴィンテージにおける傑出したワインだ。”

パーカーポイント: 94点
予想される飲み頃:2020 – 2040

追加情報

生産地

フランス – ボルドー

レビュー

レビューはまだありません。

“シャトー ヴァランドロー 2008” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA