サロンが1万円だった時代

サロンが1万円だった時代

1996~2000年頃のワイン価格

古いファイルを整理していましたら、昔行きつけだったショップのチラシと、私(代表 羽鳥)が会員制ワイン通販クラブを担当していた頃のリーフレットが出てきました。

台東区の酒屋さんチラシ(白黒/1996年頃)にて、
サロン 1982が10,900円
ラトゥール 1993が9,980円

通販クラブリーフレット(カラー/2000年秋頃)にて、
ムートン 1997が18,800円

2019年の現在、サロン 1982は200,000円~で約20倍の高騰、レストランなどでは(もし在庫があるとして)50万円前後が相場です。

タイムマシンとお金があるなら、当時のグランヴァンを全品買い占めたいですね(笑。

懐かしいあの頃の価格にはもう戻らない!しかし。。。

この時代の古き良きコストパフォーマンス感覚が残っていることが、当社クロスワインで高額プレミアムワインやブランドシャンパーニュの取り扱いが少ない理由の一つです。高すぎて価格と価値が見合う気がしないのです。

しかしそれでも、あれから約20年間ずっと私は、「本当に飲むべき価値があるワイン」「同価格で飛びぬけて美味しいワイン」を発掘し続けることを諦めたことはありません。

そして現在、数多くのグランヴァンを買い集めては仲間とテイスティングと選別を重ねていたあの頃の審美眼のまま、リーズナブルで上質なワインをを自信を持ってオススメしております。

掘り出し物の一例として、

ブルゴーニュの当たり年&掘り出し物メルキュレイ

☆昔のクリュッグを思い起こさせるコク旨シャンパーニュ

☆価格にプレミアムが付いてない上質な熟成シャルドネ

などなど、相当なワイン通でも飲まれたことがないような、マイナーにも関わらず価格以上の素晴らしい価値があるワイン達を揃えることができました。

今回ご紹介した昔のチラシのように「このショップはこんな昔から取り扱っていた」「当時は無名ワインだったのに、優れた逸品だとお勧めしていた」ことが20年後に意味を持つような、そんな豊かな実が成るショップにしたいと思っております。

もし、ご友人に昔のワイン市場価格をご存知のワイン通の方がいらっしゃいましたら、お話のネタにでもシェアしていただけますと幸いです。

コメントを残す

CAPTCHA


×
×

カート